実践総合農学会  
 

home  |  お問い合わせ

 

- -  活動案内 - - - - - - - -

    会長の挨拶
    学会の目的
    活動概要
    役員
    出版物
    ニュースレター
   ● 関連リンク

  入会案内

  学会誌のねらいと構成

  論文投稿規定

 ● 論文執筆要領

 ● 投稿票



   

 
 
●CONTENTS
実践総合農学のリーダーインタビュー
アクアの生命現象の不思議と修復を長期・総合的に解明する
東北大学大学院農学研究科教授 谷口 旭
<特集1>海の神秘に魅せられたアクアバイオ研究の最前線
コイ,ドジョウ,ナマズからサケ・マスそしてクリオネ,オオカミウオへ
東京農業大学生物産業学部 鈴木淳志 教授
地域の水産問題解決にアカデミックに貢献できたら最高
東京農業大学生物産業学部 千葉 晋 講師
沿岸の藻場からアクアの全貌の解明に挑戦
(財)環境科学技術研究所 西野康人 研究員
藻類の美しさと可能性のとりこに
東京農業大学生物産業学部 水野 眞 教授
ヤマトシジミが教えてくれた漁場環境モニタリング研究の重要性
日本シジミ研究所 園田 武 研究課長
アメリカンロブスターからオホーツク海のカニ資源の予測へ
水産総合研究センター遠洋水産研究所 金岩 稔 嘱託研究員
魅力あるオホーツクの農林水産業をリモートセンシングで解明したい
東京農業大学生物産業学部 朝隈康司 講師
アクアバイオ学科:オホーツク海から世界の水産と水圏環境を考える
東京農業大学生物産業学部 伊藤雅夫 学部長
26 日本農学アカデミー 第7回シンポジウムレポート
  「人と動物との共生」−農学の新たな研究領域に注目−
   
27 <特集2>座談会 オホーツク学への挑戦−真の地元学とは何か
39 <特集3>生物と人との新しい関係・共生を目指すバイオセラピー研究の最前線
苦難の研究の中から到達した社会園芸の理念とは
東京農業大学農学部 松尾英輔 教授
生きることを躊躇している人に「“生きよう”という心の扉」を開かせてあげたい
兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 浅野房世 教授
社会園芸:人を知り,社会を知り,そして植物を極める
東京農業大学農学部 宮田正信 講師
馬の特性を活かして障害のある人々の指導に挑戦する
(独)国立特殊教育総合研究所 滝坂信一 総括主任研究官
セラピューティック・ライディングを獣医師として研究・普及したい
東京大学大学院農学生命科学研究科 川嶋 舟 研究員
イヌの気質を遺伝子解析と実態調査で総合的に解明
東京大学大学院農学生命科学研究科 増田宏司 研究員
野生動物の嘆きを人間に伝える活動を世界で展開
東京農業大学農学部 安藤元一 助教授
多くの動植物を次世代に残すのが私の使命です

(独)農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター
 大石孝雄 研究リーダー

バイオセラピー学科:動物・植物と人間との新たな関係と,人間性豊な人材の育成を目指す
東京農業大学農学部 天野 卓 学部長
   
62 <総説論文>
  稲作の機械化技術の展開と課題−新たな移植技術と直播を中心として−
  梅本 雅
   
  <研究論文>
  有機農産物等の表示に対する消費者意識と購入要因の解明
  壬生紘彰・大久保研治
   
82 <食農と環境の最前線レポート>
森は海の恋人,川は仲人
森を創り海を守った常呂漁協の挑戦
新たな都市農業の胎動「体験農園への挑戦」
日本農業の新たなシステムを模索する白石好孝さん
93 <リーディングカンパニー訪問>
柏屋
本当にお客様を大切にする経営とは何か
98 <農の達人紹介>
中洞 正氏
自然を活かし牛を活かす「山地酪農」
20世紀の農業価値・体制への挑戦
103 <実践総合農学のおもしろ研究紹介>
植生解明を基本に,自然と人間が共存できる空間を考える
東京農業大学地域環境科学部 中村幸人 教授
106 ブックレビュー
  (社)大日本農会編『農業教育の再構築を目指して』
  稲泉博己(東京農業大学)
   
108 投稿規定原稿執筆要領
   

Copyright © 2005 SPIA All rights reserved. email to monma@nodai.ac.jp

〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1 東京農業大学総合研究所 実践総合農学会

Tel 03-5477-2734 Fax 03-5477-2734