メニュー

実学の高度化を模索する学会

NO.24 2019 November

     CONTENTS

<特集>

2018年度 実践総合農学会 第13回地方大会(宮古島市)

<基調講演>

宮古地域における農業特性と新規作物導入による農業振興の展望

<シンポジウム>

〈座長解題〉   
 東京農業大学教授 高根 務

「新規就農に関する支援対策 」  
  渡慶次 努(沖縄県農林水産部宮古農林水産振興センター農業改良普及課)

「『農業』その限りない可能性への挑戦 」
 上地  登(農業生産法人有限会社大嶺ファーム)

「就農定着プロジェクト 」
 重田 康行
(JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会トウガン専門部会)

<地域シンポジウム(座談会)>

・地域農業の取り組み
 東京農業大学教授 上岡 美保
 上野地区さとうきび生産組合 組合長 川満 長英
 JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会ゴーヤー専門部会 部会長  来間 正博
 株式会社パラダイスプラン 島の駅みやこ 
 米田 隆己    

<地元高校生による研究成果発表>

・沖縄県宮古総合実業高等学校の生徒による「課題研究」の発表
「有機質肥料(バイオ・リン)におけるリン増殖と製造工程の流れ」 
 食と環境科 環境クリエイトコース 

「宮古島に眠る野菜の可能性~ナンコウカレーパン作りに挑戦!~」
 食と環境科 フードクリエイトコース

コメンテーター 田熊 重利(埼玉県立杉戸農業高等学校教諭)

<報告論文>

・韓国農村における帰農者の役割 -慶南道密陽市の事例-
 尹堵鉉・高柳長直

〈食農・環境の最前線レポート〉

・過疎地域活性化プロジェクト~糀がつなぐ人と地域~
 静岡県立藤枝北高等学校 西尾眞一

〈実践総合農学会 おもしろ研究紹介〉

・生物の色に着目した教材~カラフルザリガニの開発
 東京農業大学教職課程 理科教育研究室 武田晃治

〈ブックレビュー〉

・足達太郎・小塩海平・藤原辰史(著)『農学と戦争-知られざる満州報国農場』(岩波書店)

 東京農業大学 稲泉博己

投稿規定/原稿執筆要領

投稿規定

原稿執筆要領

ページの先頭へ