メニュー

実学の高度化を模索する学会

実践総合農学会シンポジウム2019のお知らせ

ICT農業とスマート農業の現状と将来―実践現場から見た普及の問題点―

2019年7月27日(土)13:00~17:40
東京農業大学 世田谷キャンパス 農大アカデミアセンター B1 横井講堂

基調講演

ICT農業とスマート農業の現状と将来展望
松本 賢英氏(農林水産省大臣官房政策課技術調整室長)

座長解題

座長 鈴木 充夫氏(東京農業大学客員教授、株式会社協同経済経営研究所代表)

第Ⅰ報告

UAVを用いた農域空間における利活用法とその課題
下嶋 聖氏(東京農業大学地域環境科学部地域創成科学科准教授)

第2報告

都市農業振興へ向けての生産緑地GISの活用と課題
市川 剛氏(JA東京都中央会都市農業改革部課長)

第3報告

実践現場からみたスマート農業の普及の問題点
-GIS活用における生産組合と農協の連携の視点から-
小宮山 潔氏(JA十日町営農企画課係長)

第4報告

NewSpaceプロジェクトでの農林水産分野への取り組み
河野 誠忠氏(株式会社パスコ経営戦略本部企画部NewSpaceプロジェクト推進室)

総合討議・座長総括

※詳細は添付ファイルをご参照ください。→2019シンポジウムポスター

ページの先頭へ