メニュー

実学の高度化を模索する学会

実践総合農学会「宮古島農業活性化シンポジウム」のお知らせ

宮古地域における新規就農者の確保をめぐる現状と展望-担い手育成による農業振興と地域活性化を目指して-

第13回 地方大会 沖縄県宮古島市
日時 2018年11月25日(日)10:05~17:40
会場 JAおきなわ宮古地区本部 農業情報管理センター
主催 実践総合農学会
後援 東京農業大学

プログラム

08:30 受付開始
09:00 学会員による個別研究報告【聴講を歓迎します。】
10:05 開会式(挨拶)
10:30 基調講演
   「宮古地域における農業特性と新規作物の導入による農業振興の展望」
   菊野 日出彦(東京農業大学教授、東京農業大学宮古亜熱帯農場)
11:30 シンポジウム
   「宮古地域における新規就農者の確保をめぐる現状と展望
   -担い手育成による農業振興と地域活性化を目指して-」
   座長解題 高根 務(東京農業大学教授)
11:40 第1報告
   「宮古地域における新規就農者・青年農業者の育成と支援対策」
   渡慶次 努(沖縄県農林水産部宮古農林水産振興センター農業改良普及課)
13:00 第2報告
   「観光と農業を一体化した新しい農業スタイルを目指す」
   上地 登(農業生産法人有限会社大嶺ファーム)
13:30 第3報告
   「就農定着プロジェクト」
   重田 康行(JAおきなわ宮古地区
        野菜・果樹生産出荷連絡協議会トウガン専門部会)
14:20 パネルディスカッション
15:30 地域農業の取り組み(座談会)
   川満 長英(上野地区さとうきび生産組合)
   来間 正博(JAおきなわ宮古地区
        野菜・果樹生産出荷連絡協議会ゴーヤー専門部会)
   新里 五尾(宮古島穀物生産組合)
   米田 隆己(株式会社パラダイスプラン)
17:00 地元高校生による研究成果発表
   沖縄県立宮古総合実業高等学校生徒(1課題)
18:00 交流会~宮古島市の特産物・郷土料理を満喫する~
   参加費4,000円
   協力:みゃーくの味加工推進協議会

ページの先頭へ